1. HOME
  2. バッグ・ファブリック
  3. ラプアンカンクリ バッグ&ポーチ
  4. ラプアンカンクリ ポーチ/TRIANO/ホワイト×ブルー

|ラプアンカンクリ ポーチ/TRIANO/ホワイト×ブルー

●価 格

3,740円(税込)

●購入数

TRIANOという、ひし形のシンプルな幾何学模様描かれたポーチです。フィンランドらしい素朴なデザインのテキスタイルが描かれています。 大きめのサイズのポーチは、バッグの中の整理に最適なバッグインバッグや旅行時の荷物の仕分けなどにぴったりです。

本来はフィンランドのサウナバッグとして作られたこちらのバッグは、ちょっとしたお出かけのときやサブバッグとして、手軽に使えるちょうどいい仕様。B5ぐらいのサイズ感です。コンパクトにたためるので旅行やアウトドアにも便利です。

ひし形のシンプルな幾何学模様をモチーフとした刺繍パターンです。
大きさは手軽な感じで、カバンに収まるサイズです。
ラプアンカンクリ ポーチ/ヨット

開口部はジッパー式で大きく開きます。

ラプアンカンクリ ポーチ/ヨット

カバンの中に楽々入るサイズです。

● メーカー
ラプアンカンクリ(フィンランド)
● デザイナー
マルヤ・ラウティアイネン/Marja Rautiainen
● サ イ ズ
約W:28xH:22cm マチ幅:約40mm(底部)
● 状  態
新 品/材質:リネン60%、コットン40%
● 生 産 国
made in finland

|アーティスト&ブランド

マルヤ・ラウティアイネン

マルヤ・ラウティアイネン/Marja Rautiainen/フィンランド

フィンランドのヘルシンキ芸術デザイン大学(現・アアルト大学)を卒業し、ラプアンカンクリのデザインを長く支えているテキスタイル・デザイナー。ラプアンカンクリらしいデザインの礎を築いた人物です。森の中に宝石のように実をつけるブルーベリー、夏になると市場にいっぱい並ぶいちご、風に揺れる白樺の木々。フィンランドならではのモチーフを使い、息の長いデザインを多く作り出しました。縛られることのない自由な発想で、時代にあったテキスタイルデザインを手がけています。

ラプアンカンクリ

■ラプアンカンクリ Lapuan Kankurit 1973年~

1900年初頭、現経営者であるエスコ・ヒェルトの祖父がテキスタイル事業を始めたのが最初で、それから 1973年にラプアンカンクリが立ち上がりました。 当初はフィンランドの伝統であったタペストリーを手作業から 織機による生産方式にて製造した数少ない企業でした。 また麻製品を作るうえで麻糸は切れやすく、折るのも難しいため必ず人の手が必要になるそうです。そうやって昔ながらの伝統とともに 新たな技術やデザインを取り込み、今日に至ります。

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)
この商品のレビュー ☆☆☆☆☆

  • 当店からの最新情報をお届けします。こちら


  • 当店おススメの旬なアイテムをいち早く紹介します。こちら


  • 当店おススメの旬なアイテムをいち早く紹介します。こちら


  • 当店のアイテムを実際に使用してみたレビューです。こちら


  • フィンランドは、フィスカルスへ買い付けの旅へ出かけた旅行記です。こちら


  • 国内、国外問わず、好奇心旺盛店長のお出かけ記録です。こちら